MENU

私達の生命活動にとって欠かせない「糖代謝」

糖代謝は、私達人間にとって欠かせない生命活動の1つです。私達は食べることによってエネルギーを摂取していますが、エネルギーの元となる栄養素は糖質です。

糖質はご飯やうどん、パンなどの主な栄養素である炭水化物に含まれており、口から入った糖質は、胃や腸で分解されて「ブドウ糖」になります。

そのブドウ糖は血液中に吸収されて、まずは肝臓に送られ、そこから全身に向かって運ばれていきます。(なお、肝臓に運ばれたブドウ糖の一部は、グリコーゲンとなって貯蔵されます。)

体の各器官は筋肉は血液によってブドウ糖を受け取り、エネルギーとして消費していくわけです。

このような糖がエネルギーとして使用されるまでの仕組みを「糖代謝」と言います。また、消費されずに余分になったブドウ糖は、脂肪として貯蔵されることになります。

糖尿病とインスリンの関係

上記の糖代謝がスムーズに行われるためためには、インスリンというホルモンが必要不可欠です。

糖尿病は、このインスリンの量が減ったり、働きが悪くなってしまい、糖代謝のシステムが崩れることによって発生します。

糖代謝が正常に行われなくなると、ブドウ糖は行き場を無くして血液中を彷徨うことになります。血液中におけるブドウ糖の割合を「血糖値」という数値で表しますが、糖尿病になると血糖値の値が高い状態が続きます。(普通であれば、食後に血糖値が上がっても、インスリンの働きによってすぐに血糖値は正常な値に戻ります。)

糖尿病の状態が長く続いてしまうと、血糖値が高い状態でもエネルギーが効率よく利用できなくなります。さらに、血液中に溢れてしまったブドウ糖が、血管や細胞を傷つけてしまい、いろいろな合併症を引き起こしてしまいます。

糖尿病を治す方法

スポンサードリンク