MENU

日本人は糖尿病になりやすいと言われています。

モデル

日本人は糖尿病になりやすいと言われています。その理由は私達の祖先が生き抜いてきた時代背景に理由があります。

私達の祖先は、おもに稲作などの農作業によって食べ物を得てきました。しかし、今以上に飢饉に見舞われることがたくさんあり、飢えの状態を余儀なくされてしまった人がたくさんいました。

このため、日本人には少ないエネルギーで活動できる遺伝子が備わってきました。この状態はインスリン生成の作用を低下させてしまう傾向にあり、糖尿病になりやすいと言われているのです。さらに、いざという時に備えてエネルギーを貯蔵しようとする働きが強く、太りやすいという性質もあります。

糖尿病の原因は、高血糖の状態が続いてしまうことです。高血糖とは血液中のブドウ糖が過剰な状態のことを指します。血液中のブドウ糖はインスリンの作用によって全身の細胞でエネルギーとして使用されます。

しかしながら、食事量が多すぎるとインスリンの働きが追いつかなくなって、次第にインスリンは疲れ果て、十分に役割を果たすことが出来なくなります。そしてやがて糖尿病になってしまうのです。

糖尿病を予防する、もしくは治していくためには、自分に合った食事量を摂取することが大切です。また、調理の多くの油を使う傾向が高い洋食よりも、さっぱりしたメニューの多い和食を多く取りいれていくことも効果的でしょう。糖尿病の予防や治療には、食事は一番大切な項目だと思います。栄養バランスを整えて、食べ過ぎないように注意したいですね。

糖尿病を治す方法 トップページに戻る


スポンサードリンク