MENU

適切なエネルギー量を守る

人間が糖尿病になる原因は、多くの場合、食生活の乱れと運動不足、肥満です。このため、治療の基本は食事の改善と運動療法になります。

もし、糖尿病と診断されてしまったら、何よりも食生活を見直さなければなりません。今まで毎日何を、どのくらい食べてきたのかを振り返ることで、糖尿病になった原因が見えてきます。

それまでと同じ食生活を続けてしまえば、血糖値はさらに悪化して、新たな病気や症状を引き起こしてしまいます。そして、その後でより厳しい食事制限を課せられることになってしまいます。

初期の糖尿病であれば、食事で改善することも可能ですし、薬を飲まずに血糖値をコントロールすることもできます。

また、糖尿病になるとすい臓が疲弊してしまい、分泌されるインスリンの量も減ってきます。この状態でたくさん食べ過ぎてしまうと、血糖値を下げるためにすい臓はもっとインスリンを分泌しようとして、どんどん弱ってしまいます。

さらに、肥満の場合はインスリン抵抗性をもつ人が多いので、食事量を抑えて適正な体重を保ち、すい臓の負担を軽減させることが何よりも大切です。

適正な摂取エネルギー量は、年齢や体格、1日の活動量によっても個人差があります。また、肥満であるかどうかでも、適正エネルギー量は変化してきます。

糖尿病を治す方法 トップページに戻る

スポンサードリンク