MENU

低血糖の注意点と予防策について

糖尿病の治療では、インスリン療法や薬によって血糖値を下げることが多々あります。しかし、時には薬が効きすぎてしまい、低血糖になってしまう恐れもあります。

低血糖とは、血糖値が必要以上に下がり過ぎてしまって、日常生活にも支障が出る状態です。どのまま放置しておけば意識がもうろうとしたり、昏睡状態に陥る恐れもあります。

具体的な数値で見ると、血糖値が70mg/dlになれが低血糖の状態です。70mg/dl前後の状態になると、体がだるくなったり、頭がぼーっとしたり、あくびが止まらなくなるなどの症状が出ます。さらにもう少し血糖値が下がれば、手のふるえや冷や汗、動悸などの症状が表れます。

このような状態に陥った場合は、すぐに糖分を補給する必要があります。砂糖が入っている飴や清涼飲料水など、糖分が入っているものであれば何でもOKです。

ただし、α−グルコシダーゼ阻害薬を服用している方の場合は、砂糖は有効ではありません。このため、ブドウ糖を摂取する必要があります。

外出先で低血糖状態に陥った場合は、場所によってはすぐに対応することが出来ないケースもあります。このため、糖分やブドウ糖が入っている食品を持ち歩くと共に、糖尿病カードも必ず持ち歩くようにしましょう。そして、糖尿病カードには、低血糖になった時にどうして欲しいのかも明記しておきます。

インスリン療法を行っている場合は、特に低血糖になりやすいと言われています。さらに、その症状が重症化しやすいので、しっかりと低血糖対策を実践することが大切です。

また、糖尿病を患っている人が風邪などによって体調を崩した場合、血糖コントロールが著しく乱れてしまうことがあります。このような時に食欲不振に陥ることで、低血糖になるケースもあります。このため、たとえ体調を崩した時でも、食べるべきものはしっかりと食べるようにしましょう。

糖尿病を治す方法

スポンサードリンク