MENU

健康な人と糖尿病の人の違い

健康な人と糖尿病の人との間には、一体どのような違いがあるのでしょうか。

まず、食事をすると炭水化物がブドウ糖に分解され、血液中にブドウ糖が流れ込んできます。この時に血液中への糖の流入量は、健康な方でも糖尿病の方も変わりません。どちらも同じように、食事のたびごとに血液中のブドウ糖が増えます。

血液中のブドウ糖が多くなると、健康な場合は必要十分な量のインスリンがタイミング良くスパイク状に分泌されます。これが追加分泌です。ところが、糖尿病の場合は、基礎分泌がやや少なめであるうえに、追加分泌をするタイミングがやや遅れたり、量も不足しています。

次に、インスリンが分泌された後、細胞への糖の取り込みはどうなるかいう部分ですが、血液中のブドウ糖は筋肉や脂肪組織などへスムーズに取り込まれていきます。ところが、糖尿病の場合は少量しか取り込まれません。

次に肝臓の様子も見てみましょう。肝臓は空腹時には貯蔵していたブドウ糖を放出しています。健康な場合は、食事をしてインスリンが分泌されると、ブドウ糖の放出はぴたりとストップします。放出する必要が無くなるからです。そしてブドウ糖をグリコーゲンとして貯蔵する方向で働き始めます。

一方、糖尿病の場合は、食後にインスリンが分泌されても、肝臓からのブドウ糖の放出はダラダラと続きます。また、ブドウ糖の貯蔵も健康な人に比べると少量に過ぎません。

健康であれば、血糖値は正常範囲内に保たれます。糖尿病の場合はすべての場面で正常な反応が行われずに常に高い状態が続くことになります。

糖尿病を治す方法 トップページに戻る

スポンサードリンク