MENU

インスリンの働き

血糖値を調節しているのは、膵臓にある器官から分泌される「インスリン」というホルモンです。

インスリンの大きな働きの1つに「血糖値を下げる」ということが上げられますね。この働きは単純ではなく、様々な情報にもとづいて精妙にコントロールされています。

食事をしたあと、インスリンの分泌がどのように変化していくのか、血糖値がどのように変化していくのか、順を追って見てみましょう。

1.まず、食事をするとブドウ糖が小腸から吸収されて血液に溶け込み、小腸から肝臓へと流れ込む門脈という太い血管内の血糖値が高くなります。

2.血糖値が上昇したという情報を膵臓のランゲルハンス島のβ細胞がキャッチし、すぐにインスリンを分泌します。

3.分泌されたインスリンは、肝臓へと流れ込みます。

4.空腹時には肝臓に蓄えられたグリコーゲンがブドウ糖に変換されて血液中に送り出されていたのですが、インスリンが流れ込むと同時に肝臓からブドウ糖の放出がストップします。

5.肝臓は流れ込んだブドウ糖の一部を全身に送り出し、全身の血糖値が上昇します。

6.血糖値の上昇とともにインスリンの分泌量も増え、インスリンの働きによって筋肉の細胞がブドウ糖をどんどんと送り混んでいきます。

7.同時にインスリンの作用で肝臓がブドウ糖をグリコーゲンとして蓄え、さらに余ったブドウ糖を脂肪組織が中性脂肪として蓄えていきます。

8.その結果、食後に上昇した血糖値は速やかに下がり、空腹時の値にまで戻ります。

インスリンは、脂肪組織でブドウ糖と中性脂肪を貯蔵したり、肝臓でグリコーゲンがブドウ糖に分解されるのを抑制するなど、色々な大切な働きを行っているのですね。

糖尿病を治す方法 トップページに戻る

スポンサードリンク