MENU

糖尿病治療薬の危険な副作用

お医者さんから処方された薬を飲んでいれば安全。

多くの方がこのようなお考えをお持ちだと思いますが、実は、
糖尿病のお薬には、副作用の危険があります。

その中で一番危険なのが「血糖値障害」です。

糖尿病になると血糖値が高くなります。

このため、血糖値を下げる薬を飲むのですが、逆に血糖値が下がり
過ぎてしまう危険性もあります。

このような低血糖は、糖尿病の治療中に多く見られる症状で、
処置を間違えれば、昏睡状態に陥ったり、死に至る可能性もあります。

低血糖になると、初期症状としてあくびや発汗、だるい等の症状が
出てきます。

そしてひどくなると、手足が震えだしたり、動悸や吐き気を催してきます。

万が一こうなってしまったら、一刻も早い処置が必要になります。

薬では糖尿病の進行は防げない

糖尿病の薬は色々な種類がありますが、その用途はインスリンの分泌を
促進したり、過剰な糖の生産を抑えたりするものです。

これらは「血糖値を下げる」ために投与されているのであり、
糖尿病を治癒する」ものではありません。

お薬の投与による治療は、血糖値を抑えることはできますが、
直接的に糖尿病を治療することが出来ないです。

では一体、どうすれば良いのか。

それは、薬に頼らずに、糖尿病を根本から改善していく治療方法が
必要になってきます。

糖尿病を治す方法

スポンサードリンク