MENU

糖尿病を自宅で克服!薬や病院の頼らずに治す方法

医師

今の日本では、明らかに糖尿病である人は800万人、糖尿病の可能性がある人は1600万人にも上ると言われています。

なぜ、このように数字に差が出るのかと言うと、軽い糖尿病の場合は、症状として出てこないケースがあるからです。

しかし、気づかないままそのような状態に甘んじてしまうと、いつの間にか重度の糖尿病になってしまい、危険な合併症を発症しかねません。

また、既に重い糖尿病を患っている方は、インスリンの投与や病院通い、食事制限など、様々な困難を強いられていると思います。

そこでこのサイトでは、たくさんの糖尿病患者を救い続けている藤城博先生の糖尿病克服法をご紹介します。

糖尿病でお悩みの方へ、ぜひ一度ご確認頂ければ幸いです。


糖尿病は自宅で治せる!藤城先生の提唱する糖尿病を治す方法

糖尿病になってしまったら、投薬やインスリン注射を行いつつ、低カロリーの食事やキツイ運動をしなければならない・・・。

今の日本では、世間一般的にこのようなことが言われています。

しかし、本当にそうでしょうか。

実のことを言うと、糖尿病は正しい療法さえ行えば、治らない病気ではありません。

事実、藤城先生の糖尿病克服を実践した方々は、次々に血糖値を大幅に下げて、糖尿病を克服することに成功しています。

具体例を上げると・・・

I様 血糖値189⇒89(所要期間:14日間)

T様 血糖値153⇒99(所要期間:14日間)


などなど驚きの早さで血糖値を下げて、糖尿病を治療できているんです。

では、具体的にどんな療法を施したのか・・・。

その方法は、藤城先生が動画とテキストで教えてくれます。

藤城式糖尿病克服法

藤城式糖尿病克服法

血糖値の安定に欠かせないインスリンの働き

糖尿病とは、血糖値が高い状態が続いてしまう症状です。血糖値を安定されるためには「インスリン」の働きが大きく関わっています。そのインスリンには、以下のような働きがあります。

肝臓に蓄えられているグリコーゲンが、ブドウ糖に分解されるのを抑制します。
肝臓や筋肉において、ブドウ糖をグリコーゲンとして蓄えます。
ブドウ糖を筋肉やその他の細胞に速やかに取り込ませます。
脂肪組織の中で、中性脂肪がブドウ糖に分解されるのを抑制します。
脂肪組織ではブドウ糖を中性脂肪として貯蔵します。

これらの働きはすべて「血糖値を下げる」あるいは「血糖値を安定させる」ために行われるものです。このような複合的なインスリンの働きによって、血糖値は安定した状態に保たれています。

糖尿病に関するQ&A

 糖尿病のメカニズムとは?
糖尿病には1型と2型があります。糖尿病を発症する人のほとんどが2型なのですが、心疾患や脳卒中などの恐ろしい合併症を招く場合もあります。

 糖尿病の症状
糖尿病になると、人体は何らかのサインを発します。糖尿病になった時に出てくる症状について、詳しくまとめました。

 血糖値が上がる理由
血糖値が上がる理由には、インスリンの働きが大きく関わっています。血糖値が上がる理由についてまとめております。

スポンサードリンク

 
更新履歴